読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

照り焼き定食ごはん大盛り

ふたつの底なし沼から

どうしてあの子がいいの?

ひとりごと

わたしのTwitterを見ている方はちょいちょいご存じかと思うのですが、わたしは美術を勉強(という言い方はあまり合わないのですが)しております。

先日課題で取り組んだ制作で「アイドル」を取り上げました。アイドルとファンの関係性って非常に面白いものがあるって思っているのです。ファンであるからこそ見えてくる視点や、ファンの中での世界の構造、ファンの中でのファンの分類とか。

まあ結局わたしたちって、アイドルからしたらみんなおんなじ「ファン」でしかないんですけど。それに興味を持って、近頃そういったことを作品にしていきたいと考えていきてます。

 

提出した作品はこういったことからは少し違うことをテーマにしたのですが、そういろんな視点から考えてるとわたしはどういう風に桐山照史というアイドルを応援しているのかな~って思い始めました。

わたしは照史くんがだいっすきです。

最近は古謝くんに沸きっぱなしのわたしですが、同じステージ上に照史とこじゃが二人並んで立っていたら結局照史見てます。照史くんはすっかりわたしにとって特別な人です。もし何かの奇跡が起きてわたしと照史くんが出会うことになって恋に落ちて結婚できるものなら勿論喜んで結婚したいぐらいには好きです。むしろこっちからプロポーズしたいです。

でも、照史くんが結婚しますという日が来たら、わたしはすんなり祝福できると思います。のめりこむように好きなくせに、どこかやっぱり一線を引いて応援しているのがわたしってやつなのかなって近頃思います。

アイドルの語源は虚像ってことに、わたしは最近とても心をぐさっとやられました。

わたしたちは彼らが作った「アイドルとして」の彼らしか知れないんですよねえ。

だからパパとしての顔を見せないキムタク先輩ってプロのアイドルだなってすごく思います。もちろん、パパであることを生かして仕事を勝ち取るイノッチ先輩も新たなパパアイドルとしての切り口を開いていてそれも凄いと思います。

 

わたしは照史くんのアイドルの顔しかわかりません。大好きで大好きで大好きなのに、アイドルの顔しかわからないのです。アイドルじゃない桐山照史を知って幻滅したくもないです。(まあその可能性は低いけど)

逆に言えば、どれだけでもお金を払いたいと思えるぐらいアイドルとしての桐山照史が好きってことなのです。アイドル桐山を信じてるのです。信用してるんです。きっとお金を払って後悔するようなことや、信じられなくなるようなことがあったら確実に降ります。アイドルは、ファンからの信頼があってこそのものだと考えています。

そんな感じなので、わたしはガチ恋になることはないんだろうな…って思っています。たくさん目に焼き付けたいとは思うけれど、ファンサ厨でもないし、どんな席でも楽しませてくれるという信頼を寄せられるので、楽しくジャニーズWEST桐山照史を応援できるんだなあって。

 

いろんな人のアイドルとファンとの関係についての考えも聞いてみたいです。

もし思うことがあったら、ちらっとわたしに教えてくれたらうれしいです。