読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

照り焼き定食ごはん大盛り

ふたつの底なし沼から

きっと私の心臓はこの人たちが持っている

ひとりごと

2015年7月26日。

わたしにとって忘れられない日になりそうです。

 

ジャニーズの話をするために作ったブログでこういうのもあれですが、わたしはT.M.Revolutionこと西川貴教さんのファンをかれこれ10年やっています。現在21歳なのでもう人生の半分は西川を愛しています。ジャニヲタとなるはるかかなた前から私は西ヲタで、西川貴教のことを人生の師と仰ぎ西川教の信者として今も生きています。西川と照史を同じ天秤で見ようと思ったことはほぼないのですが、どちらを愛しているかと言われたら、確実に西川貴教です。

(そういえば今はすっかりジャニーズのコンサートを楽しめるようになったわたしですが、初めてコンサートに行ったときは私の中のコンサートといえば西川のノリだったので恐ろしいほどのギャップに震えた覚えがあります。「飛び跳ねないで叫ばないで過ごすライブがこの世に存在したのか…」と。)

わたしの心臓はずっと西川に一目惚れした2005年の紅白歌合戦からあの人の手に掴まれていて、いまもジャニーズにわーきゃーしているときふっと西 川の歌う姿を見ると一気に引き戻される時があって。だから、あのひとがずっと掴んだままなのです。生で西川の歌を全身で浴びるとき、ああ生きてるって思い ます。人生でつらいとき悔しいとき悲しいとき、いつだって西川の笑い声に、言葉に、なによりその歌に支えられて生きて来ました。だからこれからもきっと永遠に信者です。もしなれるものなら、下僕にしてほしいです(西ヲタは総じてドMの節があります)。

 

 

7/26のMUSIC JAPANでそんな私の神様西川(私は愛をこめて西川とかおじちゃんとかおっさんとか呼びます)と、今一番愛情を注ぐ男桐山照史を擁するジャニーズWESTが共演しました。

公開収録のお知らせが来たときに、「ついに来た」と思いました。正直本当に行きたくて行きたくて仕方なかったのですが、都合も合わず応募を泣く泣く断念しました。

 

そして放送を待ちわびつづけて、きょう。

西川にホクロといじられる照史を見て完全に泣くシーンでも何でもないのにガチで泣きました。

 

神様有難う、産んでくれたお母さんありがとう、いじった貴教おじちゃんありがとう、いじられた照史くんありがとう、関係各所全てにありがとう、生きとし生けるものすべてにありがとう。そう思いました。

世界一好きな男桐山照史と宇宙一好きな男西川貴教が並んでしかも照史くんをいじってくれてありがとうおじちゃん。

 

思えば西川と照史にはいくつか共通点があるなって思っていたのです。

二人ともオレンジ色のひとだったり、歌がうまかったり、ビブラートかけまくりだったり、死ぬほどかっこいいのにちょけると愛らしかったり。そんな二人が並ぶ日が来るとは。感無量。そしてあの人見知りだったおじさんがこうやって芸歴の下の後輩たちに気兼ねなくいじれるようになったんだな…と感動しました(案の定Amiちゃんの方は全然見てなかったけど)

照史を見ていても心臓をぐっと引き寄せられる瞬間がもちろんあります。目が合うだけであんなに幸せになれるのは照史ぐらいです。

 

いま、夢中になっているのもあっていろんな物事優先しているのはジャニーズだけれど、西川をおろそかにもしたくなくてバランスを上手に取るにはもっともっとお金がいるなあと思いました…。わたしの心臓は照史と西川二人にがっちりわしづかみにされているんだとなんだか感じた夜でありました。もう2年もライブに行けてないので、今年こそ行きたかった~~。ツアーなんで申し込まなかったんだろ(遠い目)