照り焼き定食ごはん大盛り

ふたつの底なし沼から

2016、試練の春

少し前になりますが、うちの自担さんがラジオで発した発言に対してのことなんですけども。いろんな人のいろんな意見を見て、そのことだけじゃなくて新しいおしごとやらなんやらのことも見て、桐山照史さんに対して今思ってることを。

 

 

ま、ぶっちゃけラジオに関しては「あー、また言ってるわ」程度にしか思ってないっす!(笑)

 以前からばどはそういう役割を担ってきてるってのもあるし。特にストレートに言いがちな二人なので、余計にね。

たしかに彼のいままでの行動と、この発言が矛盾してるなとも思ったけども!ちょっと声が桐山さん拗ねてらっしゃる?って感じのトーンだったなあ。

『7人』を応援してほしいってのも本心だとは思うし。

照史くんはよくこういうこと言いがちだから、そこまでとらえるほどのことなんかなって思ってしまいました。これは桐山担だから感じることなんだと思うんですけどね!たびたびあるから!きっとこれからもこの人たちこういうこと言うから絶対!!!(笑)

あきらめてるっていうより、まーしゃーないっていうか、容認してるっていうか。こういうひとだからって思っています。照史くんが自分のことなるべくファンにはずっと見ててほしい人ではないかとは思っていますが!まあね!

 

 

わたしは桐山照史くんはねーやっぱり先日村上くんがレコメンでおっしゃってたとおり「バランスとろうとしてうまく取れないやつ」なんだと思うんですよ。器用なんだけど、アホの子だし。かつ、繊細なこころの持ち主なので。ちょっと面倒な子だなとは思うんですが(笑)。

新しいお仕事に取りくむ照史くんの姿はもー画面越しからもスピーカー越しからも緊張がひしひしと伝わってきまして。なんとかやってやろうとする照史くんの姿がね、もうね、いじらしくて抱きしめたくて仕方ないんですよ。エイト兄さんたちから譲っていただいたお仕事っていうそのプレッシャーとか、だれよりも感じてると思うんです。

きっと今回の件でエイト担のひとにもいろいろ言われたことも、またラジオの件でWESTや関西担のひとからもいろいろ言われたことも、照史くんのハートにこうグサッと入ってしまってるんだろうなって。

 

とはいえもちろん、ラジオの発言に関しては照史くんに非はあると思っていて。

でもわたしはどーあがいても照史くんを叩く立場にはなれないです。担当なんで。大好きなんで。ガチ惚れしちゃってるんで。でも好きだからこそ意見したい時だってあるわけで。

応援してるから小言言いたくなるし、応援してるから尋常じゃなく庇護したいんです。

タレントに対してファンが小言言いたくなるんなら、タレントだってファンに小言言いたくもなるよねえ。ただいつもちょっと一言多くなっちゃうかな。女のひと相手の商売だからもうちょっと考えて発言しようね…(笑)。

 

 

 

いろいろ照史くんには大変な春になっちゃいましたが、早くレコメンでもヒルナンデスでものびのびしてくれたらいいなー。せっかく貰えたチャンスだって一番わかってるの本人たちだろうし、かといってがちがちになりすぎないでほしい。

照史くんができるひとだっていうのはわたしたちが一番よく知ってるから!!!

 

時間をかけてもいいから、どちらのレギュラーも、みんなに認めてもらえるような存在になってくれたら。焦らず慌てずにね。こつこつね。

わたしは全力でがんばる照史くんのことを全力で応援します。