照り焼き定食ごはん大盛り

関西沼という温泉に浸かっています

どっちかなんて選べませんふたりとも私の自担です。

2016年12月24日。

関西ジャニーズJr.X'mas SHOW2016と、ジャニーズWEST1stドームコンサート 24から感謝届けます♡の二本立て現場の日。

クリパ2016ではついにないるちゃんにソロパートがもらえて、しかも24日本人めっちゃご機嫌であまりの幸せっぷりにボケボケしながら松竹座から京セラドームに向かった。

そんなこともあったせいか、ドームコンサートが始まるそのときまでわたしは本気で古謝那伊留に降りてしまうのかもしれないなあ、そう思っていた。

 

 

初めてのドームコンサート。

「僕達の夢にようこそ!」という、はまちゃんの言葉。

たくさんの初めての景色を見せてもらってきたけれど、ドームで見たいつものおなじみのええじゃないかのポーズと、客席もメンバーもみんなで言った「ええじゃないか!」はすごくグッときた。

ほぼデビュー出の私が今まで一度も見ることが叶わなかった、B.A.D.二人のアメフリ→レインボウ。はまちゃんのステゴ。7WESTのダイラップ。クリスマスメドレーにはWESTらしさも溢れていたし、ドームで初めて披露したCHO-EXTACYは今のツアーでも双眼鏡を手放せない。久々にSCARSが聞けたのもすごく嬉しかった。

 

これで担降りできたら、何よりも幸せなままWEST担、桐山担としてのわたしを終えることができただろう。

約半年ぶりに見た照史くんに完全に目が奪われまくっていたけれど、ちゃんとないるちゃんのことも見れた。ドームでびくげやるなんて卑怯だああ~~(T_T)すき(T_T)と思ってみてた。どんな曲も全力で踊り、バックとしてやりきる姿にすごくこの人はWESTのみんなが好きでたまらないんだろうなと見ながら思った。

キラキラで幸せに満ち溢れていて、七色にきらめいたあのドームの景色は、なんだかスノードームみたいだと思った。WESTのみんながモチーフでわたしたちがキラキラしたラメのような。あの場所で7人を輝かせるペンライトの一部になれたのがうれしかった。ジャニーズWESTが作る景色がとても好きだと再確認したし、これから先の彼らが掲げる夢を、この先も一緒に見つめたいと、こころからそう感じた。

 

最後のあいさつで、照史くんが「これからも一緒に」と言ってくれた。

淳太くんが「誰一人置いていかない」と約束してくれた。

ドーム、泣かないぞ!!と固く心に誓って、こらえていたのに、最後のその言葉に我慢ができなかった。All My Loveを聞きながら、ボロボロ泣いた。やっぱりわたしのこころを掴むのはばどだった。たくさんの思い出をくれたひとはキラキラ輝いていた。

結局、照史くんから降りるなんて、やっぱりできない。

このひとのこの先を見つめていきたい。7人で笑い合いながら新しい夢に向かうところを一緒に歩んでいきたい。

2016年12月25日、ドームからの帰り道は夢心地から抜けることができずにふわふわしていた。

 

それから、やっぱりスタンス的にはいまはないるを優先しながら、あきとくんも追う感じかなあ、と思っていた。

30日までは…。

 

 

2016年12月31日。

カウコンをつけたらあきとくんが髪の毛を切ってた。

(わたしは桐山オールバック推しおでこ出し推し。もちろんそれまでの前髪ありも大好きだったけど)

テレビの前でヒーヒーいうわたし。しかもちょっとドームとくらべて少し痩せた…!ツアー初日への期待とそして自分の心臓がもつかどうかの心配が止まらなくなった。

 

2017年1月3日。

わたしは横浜にいた。こじゃ担のお友達と始まるまでお茶してたのもあって気持ちの割合的にはあきと4:ないる6ぐらいの割合だった。なんなら3:7ぐらいだったかもしれない。

コンサートが始まって出てきたあきとくんを見た瞬間「あ、無理だ。」と頭の中でつぶやいた。口からは「やばい」しか言えてなかった。語彙力は圧倒的な興奮の前では本当に消える。

こじゃくんがいるのにもかかわらず照史のうちわしか持てない状態になった。

それぐらいかっこよかった。自分の中でもうよくわからないぐらいあきとくんばかりとにかく目で追っていた。自分のナンバーワン、いやオンリーワンはこのひとだってことを照史くんのその姿だけでわからされてしまったというか。このタイミングでそうくる?いやほんと降りれないむしろ胸張って桐山担当ですって言えるぐらいあきとくんへの気持ちが完全に勝ってしまった。

 

ツアーが始まってから完全に、桐山担の心がぶくぶく沸騰している。

ないるちゃんのこともたくさんたくさん見たいのに本気で目が足りない。気付くと目があきとくんを追ってしまう。

しかも今回なんとあきとくんの横にないるちゃんがいる立ち位置が何度もあって本気でどこを誰を見たらいいのかわからないしどっちのうちわを持てばいいのか!?!??毎公演パニックが止まらない。去年のツアーのときにはこんなことなかったのでただただ外周を回るときに照史がないるちゃんの横を通るタイミングでのわちゃわちゃを楽しめばよかったし。しかし、立ち位置隣ってことは、あきこじゃ師弟の絡みもその分多いので、嬉しい…。あ~どちらなんてわたしには選べない。横に並んでいるところを見たから余計にそう思ってしまった。楽しさもしあわせも二人いれば二倍味わえる。強欲な女かもしれないがどうにかしてふたりともみたい。あそこまで入れ込んでいたにもかかわらず照史にすっかりのめり込んでいるため、ほんとにないるちゃんすごいごめんと思いながらツアーを過ごす日々である。

 

横浜、福井公演を経て、とりあえずふたりともいるところではうちわを放棄しようかなと思いはじめた今日このごろ。しんどすぎて死ぬかと思った。

今後のツアーでのわたしに、乞うご期待…。