照り焼き定食ごはん大盛り

関西沼という温泉に浸かっています

オレンジ色の背中

悩んでついにブログを作りました。主に自分の感情記録という意味で。

照史かっこいいばかりになるとは思うのですが、その時その時の気持ちを思い出すためにもここで書き残していきたいと思います。とりあえず初回は、いまに至るまでの気持ちを残したいと思います。

 

桐山照史くんという存在を知ったのは2013年の夏。二宮担だったものの、その頃の私は関西ジャニーズJrの子どころか東京ジュニアの子すらあまり知らない状況。浪人中だったのもあって嵐すらも離れ気味でした。そんな中Twitterの友人たちがストンストンと関ジュにはまっていき、「西畑くんっていう二宮担の子がいるよ!」って紹介されたのが関西ジャニーズJrとの出会いでした。そう、最初は西畑くんから入ったんですよねえ。まいジャニを見始め、少クラを見始め、動画サイトで片っ端から関西ジュニアの動画を見るようになりました。とりあえずウィキもNAVERまとめも熟読して、そこから一度も手に取ることをしなかったドル誌も読み始めるようになりました。その中でどうしてこうして西畑くんを見つめていたはずなのに目につくようになった男がいました。それが桐山照史くんでした。正直照史をどのタイミングから好きになったのか今は思い出せないです。ただはっきりとこの人が好きだ!と思ったのは、10月半ばほどのことでした。友人からは「気付くの遅くない?」と言われたのでその前くらいから結構照史照史って言ってたんでしょうね。そこから照史くんは私の担当になりました。始めはニノと掛け持ちだったはずが、彼を好きだと自覚してからどんどん好きになるたびに二宮くんを考える時間もどんどん少なくなって、自然とニノ担だと名乗ることはなくなりました。でもジャニーズと出会わせてくれた二宮くんはいまでも大切で大好きな存在です。

そんな私が照史くんを初めて見たのは12月3日、関西ジャニーズJrクリスマスコンサートでした。人生初のジャニーズコンサートがまさかの桐山・濵田公演だったわたしでしたが、二人のお客さんを楽しませたい!という気持ちのあふれた公演はとても楽しかったです。桐子も見れたし!関ジュのバックたちはもはやバックではなかったし!そしてなによりエンターテイナー桐山照史の姿に、連れて行ってくれたお友達に私は「私この子にお金使って生きる…」とひたすら話していました。思えば嵐は一度も生で見たことがなかったし、見に行こうとも思ったことがあまりありませんでした。照史くんは今見ないと!!って気持ちが強くあったんですよねえ…。嵐よりもチケット見つかるだろうし、何よりデビューできるかもしれない!?みたいな中だった関西ジュニアの空気の中であのクリパの日程だったから、見に行く他ないと思って。本当に行ってよかったなあ。照史くんの最後のあいさつの「ずっと幸せにしていく」って言葉に本当に感動した。

それとクリパ直後、受験の関係で東京に短期間住むため引っ越しをしました。そこに入ったトニトニ出演のお知らせ。照史の初日の日程は私の引っ越し翌日。これは行くしかない!運命だ!その気持ちのまま必死でチケット探して入ることが出来ました。数日前に見た関西での照史、いわばホームでの照史から、一人で帝国劇場の0番に立つ照史くんは応援しているファンからしたらすごく誇らしく感じられました。始めてみる照史くんの演技にひたすら圧巻され、最後にカーテンコールでガッツポーズを決めた照史くんの姿に涙しました。私は凄い男の担当になったなあって思えました。この二つの出来事はわたしの桐山担としての歴史に強く刻まれている出来事です。

 

12月はそれ以降受験に向けて予備校に通いヘロヘロな私も年末には実家に帰り、カウコンを楽しみに大晦日を過ごしていました。今年はめっちゃ映ってる!でもばどしげしかいない?でも照史いっぱい映ってるよおあらやだどうしよう!みたいに一人でキャッキャしてたらそのあと爆弾投下されました。

「僕たちはCDデビューすることになりました!」

突然のこと過ぎて理解不能でした。本当に頭が真っ白になりました。しかも4人でした。もっと理解できませんでした。7人で出来るものとすっかり思っていたので本当にびっくりして2、3日はとまどいを正直隠せないままでした。でも照史がデビューする。彼らが追い続けたものがやっと叶うんだ。もっとたくさんの人たちに、この人を見てもらえる機会が増えるんだ。その事実は本当にうれしかった。

そのあとのばどもぎ関や、雑誌の掲載7人のと4人のとあったり、なにわ侍の幕があくまでとことんドギマギさせられましたねえ…いまとなっては懐かしい…。

2月5日は予備校にいました。その日は何をするのにも手がつかなくて、デッサン進まない~!あー!!ってなって、結局こまめにTwitterをチェックしてなんとか心を保っていました。

そして19時。TLに流れてくる「7人でデビュー」の文字。

その時大学なんて受からなくてもいいって思うぐらいうれしくてうれしくて、予備校のトイレに駆け込み一人でガッツポーズしました。すぐ家に帰って、本当なんだって思って「やったー!!!」って言いながら部屋を三周しました。(笑)たまたま次の日入るのが決まっていたので、7人発表からすぐに見れたのも嬉しかった~。ぼろぼろ泣けました。本当によかった。

 

えらいこと長文になりましたが、照史くんがいてくれたおかげかわかりませんけど私も大学に合格し、ジャニーズWESTもデビューし、素敵な2014年を送れました。自分がこんなにジャニーズWESTにお金を使うなんて好きになった当初は思いもしませんでした。照史くんを受け入れてくれるお家が出来たのが本当によかった。これからたくさんの初めてを経験していくジャニーズWESTなわけですが、私にとってもそれは初めてのことが多くて。ジャニーズWESTとたくさんの初めてを共有できることは私にとってとても嬉しいことなのです。たくさんの新しい景色を見せてくれるのを期待しています。照史くんに出会えてよかった。