照り焼き定食ごはん大盛り

関西沼という温泉に浸かっています

だいすきだから担当をやめます!

ジュニア担を始めてからたくさんいろんな気持ちになりました。

よかったこと。悪かったこと。うれしかったこと。つらかったこと。

一年半ぐらい?のかけもち生活、たくさんいろんなことがありました。

 

わたしは古謝くんの担当を名乗るのをやめます。

古謝くんのこと嫌いになったりもしてないし、なんなら今日今この瞬間もかわいいし大好きだし愛しい愛しいわが子だと思っています。どんな人にも変わることのできない大切な存在です。

でもやめます。

 

一番は、ジュニア担を続けるのがしんどいな、と思ったから。

まあわたしの過去の記事を読んでもらえればわかると思うのですが、好き度が募るほど、古謝くんじゃない周りのジュニアをうらやましく思ったり、僻んじゃったりしてしまって、マイナスの感情が圧倒的に多くなってました。春松竹からのショックから結局わたしが立ち直れなかった。もう秋なのに。

それから勝手に周りのおたくと比べて、大したこともできない自分に落ち込むことが多かった。ないるのためにたくさんたくさんお金を落としてあげたり、現場に一回でも多く行こうとしたり、雑誌のアンケートをたくさん出したり、要望送ったり、そこまでできない自分が、ジュニア担として生きていていいのかわからなくなってしまいました。おたく同士のマウンティングがジュニア担は特にひどい…現場にいけないときだってあるのにいけないことが苦しくて苦しくて…決して担当が多いとは思えないから(ごめんね古謝くん)、だからこそ、自分がそこに居てあげたいのに、いけない時とか本当に落ち込むし同担がキャーキャー言ってたりなんなら他担が言ってると悔しくて悔しくてたまらないとかもう味わうのいやだ。(これはたぶん担当辞めてもあるけど)

あと、ほんとね、これも大きな理由なんですけど結局照史くんと比べたら照史くんを優先してしまうアホなんですわたしが!!!!!!照史くんがわたしのオンリーワンすぎた!!!!!!ほんとすんません…かけもち向いてなかったわわたしほんと…。デビュー組である照史くんは供給も定期的にあるし、仕事だって、現場だって、どこにいるのかすぐわかる。でもないるはそうじゃなくて。いつどこに現れるかわからないストレスは特にダメージだったな~。

というわけでいろんな負の感情がぐるぐるぐるぐる回ってるのがつらかった。

全部自分の都合の負の感情。

 

古謝くんに悪いところなんて何一つないし、一年前の秋には本気で古謝くん一本に降りようかと思っていたくらいだったわたしがこんなこと言い出すのは自分でも驚いてます。ただ結局こんなん自分の都合でしかないんだけど、「担当」という言葉がなくてもわたしは変わらずないるが好きだからいいじゃん。だから、一度その言葉を外してみようかなと。

だいすきで居続けるために、「担当」という勝手に自分が作った重い重い十字架を降ろそうとおもいます。

応援の仕方だって変えるつもりもないし、現場にだってこれからも行くし、うちわも持つし、いつだってどんなときだってないるさんがとびきりかっこよくて素敵でかわいらしいひとだと思っているから、だから、これからは古謝くんの担当ではなく、ファンとして、彼を応援していきたいと思います。

担当はきっと自分の中では結局ずっと照史くんたった一人だったのかな、と今は思っています。古謝くんは、担当でも推しでもない、「わが子」という呼び名が一番ほんとしっくりくる…。

でもね、あくまでもいったん休憩ぐらいにしか思ってないから、すぐまた担当に戻してもいいと思ってるし、そう呼び出しそうだなーって思ってるけど(笑)。わたしの中で担当と呼ぶのはやめただけで、周りから見たらきっと担当なんだと思うし、そう思ってくれても構わない。

 

ま、そういうわけで、これからわたし、ないる担のステージママから、ただのないるのステージママになります。

だってママは一生ママだから!

ないるのママは

やめへんでっ!!!!!!!!!!!!

ベイベッ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

これからも変わらずに、ママ業がんばります♡

 

ママからないるに捧げる一曲

www.youtube.com